【クリプトスペル】全文明・全リーダーで勝てる中立ブロンズデッキを考える

苦手文明や苦手リーダーが居るのは「変化球を投げすぎてフォームが崩れている証拠」

クリプトスペルでは、各リーダー毎に「オッズ」が付けられており、使用率や勝率によって得られるポイントが異なっています。
全期間に共通していえるのは、「フェルトゴルト(初期赤)の勝率が常に高くてオッズが低く、新リーダーは軒並み勝率低くてオッズが高め、特にサイラス(新青)やジークフリート(新白)の勝率は常に低い」ということ。
単純な見方をすれば、フェルトゴルトのクリプトスペル(CS)が特別強くて、サイラスやジークフリートのCSがかなり弱い、という結論になってしまいがちだが、筆者個人としてはそうは思わない。
この各リーダー間における露骨な勝率の差は、フェルトゴルトの初期CSが全て癖が少なくて使いやすい「ストレート」であるのに対し、新リーダーのサイラスやジークフリートのCSは癖が強い「変化球」であり、単純に使いこなせない人が多いために勝率が低迷していると考えられます。
また、クリプトスペルで採用されているAIは、お世辞にも賢いとはいえず、特に癖の強い変化球カードに関してはまるで使いこない傾向にあるため、AIもフェルトゴルトが得意で、サイラスやジークフリートが苦手、という傾向にあるのではないかと推察できます。
特にジークフリートのCSの特性に合わせてデッキを編成すると、デッキバランスを大幅に崩してしまいがちになるし、使い時を誤ると大事故となって簡単に負けてしまう要因ともなります。
もし、今現在苦手なリーダーがいて、チャレンジミッションで150勝出来そうに無い人がいるのであれば、一度初心に返って、全文明共通の「中立ブロンズデッキ」で戦ってみることをオススメします。
「意外と中立ブロンズカードだけでも勝ててしまう!?」という事実に驚く事必須です。
上手く対処すれば、ニャルラトホテプや大天使フリッカ相手にも勝利を収め、ブロンズデッキでレジェンドカード撃破したという称号も手に入れられます。
意外とレジェンドカードは無敵ではなく、ブロンズカードで対処可能だったりします。
レジェンドカード使いよりも、クソみたいなSカード使いの方がよっぽど厄介です。。。

中立ブロンズデッキの最優先は「マナカーブ」

「マナカーブ」とは、デッキ内のカードを点数で見たマナ・コスト別に並べた際、それぞれに含まれるカードの枚数をグラフにしたときに描かれるカーブの事を指す。
当然ながらコストの低いカードは1ターン目に出せる確率が高くなり、コストの高いカードはゲーム終盤にならないと出せない。
クリプトスペルでは、最大マナ上限1から開始し、1ターン経過する毎に1ずつ上限値が増え、上限最大値は10となっている。
コストの上限値を上げるカードも存在しているが、最大値が10を超える事はない。
コストが11以上のカードも存在するが、そうした超高コストカードは、「マナクリスタル」というマナを一時的に増やすカードを用いて、一時的に11以上のマナを確保しなければ使用する事が出来ない。

クリプトスペルは30枚デッキ構成となっており、高コストカードが4枚ぐらい入っているだけで、戦況的に盤面に出せる確率がグンと低下し、一気にデッキバランスが悪い構成となってしまう。
順調に強いカードや新リーダーを入手してきた中級者程度のプレーヤーは、知らぬ間に高コストカードの枚数が増えてしまっているが故にバランスを崩し、勝てなくなっているものと思われる。

「マナカーブ理論」では、初手となる1ターン目に必ず1コストのカードが手札に加わる確率を高める事が基本となる。
特に1コストのユニットとして優秀なのが、中立ブロンズの「フェンサー」「ゴブリン」「レッドゴブリン」で、こうしたカードが序盤にあると最初からアドバンテージを稼ぎやすい。
逆にレアカードには1コストで優秀なカードというものが少ないため、例えレジェンドカードやゴールドカードが手元にあったとしても、「フェンサー」や「ゴブリン」はずっと必要だし、地味だけど常に役に立つ超優秀なカードといえる。

使える初期デッキの「マナカーブ」構成

クリプトスペルを始めた時に最初から使える30枚の初期デッキのマナカーブ構成が、初心に戻る上での参考になる。
基本的に2コストを頂点にバランスよく「マナカーブを描いているため、非常に使いやすい構成になっている。
ちょっと思い出してみてください。
クリプトスペルを始めた当初、とりあえず初期デッキでフリー対戦やりまくった結果、意外と勝てたという事はありませんか?

  • 1コスト:4枚
  • 2コスト:10枚
  • 3コスト:6枚
  • 4コスト:6枚
  • 6コスト:2枚
  • 7コスト:2枚

5コスト以上のカードを、30枚中5枚投入した場合、5ターン目までに5コスト以上が手札に加わる確率は30%以上となる。
切り札となる高コストカードは、上限コストが貯まるまでに引けていればいいやと割り切れば、そんなに沢山の枚数を入れる必要は無いと考えられます。
ゲーム終盤までに、1-4コストカードでアドバンテージを稼ぎ、終盤で高コストカードを活用する、という流れが理想の展開といえる。

マリガンも「マナカーブ理論」最優先

クリプトスペルでは、初期手札を引き直す「マリガン」がデフォルトで実装されているので、とにかく高コストカードが初期手札にきたら、しっかりと引き直す事が大事になる。
「マナカーブ理論」に基づけば、とにかく初期手札でしっかりと「1コスト」か「2コスト」カードを確保する事を最優先事項として意識したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました