ふるさと納税

たった2,000円の自己負担で豪華な返礼品がもらえるお得な制度

寄付金控除の下限適用額である「2,000円」が、実質的な「ふるさと納税プロジェクト」への参加費。
全国の自治体から任意に寄付先を選び、2,000円だけ自己負担すれば、寄付の返礼品がもらえてしまう。
翌年から本来であれば居住地に支払わなければならない住民税から、寄付した分の金額が減額される。
ふるさと納税の原資は、どうせ払わなくてはならない住民税だから、支払先を変えるだけで、貰える返礼品の分だけお得になる仕組みとなっている。

2020年度の寄付額 過去最高の6,725億円

2021年7月30日に総務省が発表した「ふるさと納税に関する現況調査結果」には、2008年の制度開始以来13年目の2020年は、件数・金額ともに前年比約1.5倍に急進し、過去最高を更新。
新型コロナウィルス禍の巣ごもりで高まった「おとりよせ消費」に対する関心が背景にあるのでは?と分析されている。
実際、本来なら料亭などで使用されていた高級食材が返礼品市場に回ってきたり、生産者支援を目的とした農林水産省が返礼品調達費の半額を補助する制度を設けるなどしたため、皮肉にもコロナのおかげで、2020年の「ふるさと納税」はよりお得感を増した形となった。

10人に9人は本来の意味で「活用」しきれていない?

大々的なテレビCMなどの影響もあり、認知度も向上、利用者の裾野も広がり利用額も最高を更新する中でも、実は活用している人々の人数自体は、全体で見ればまだまだ少数派にとどまっている。
2020年度の住民税の控除適用者数は約552万人であるのに対し、一定以上の所得があって住民税を支払わなければならない納税義務者は約5,900万人もいる。

自動的に手続きが完了すると勘違いしている可能性

返礼品を主目的にふるさと納税専用のサイトから手続きする場合、納税自体はクレジットカードを使い、ネット通販感覚で簡単に完結してしまう。
特に楽天のふるさと納税専用サイトの場合、インターフェースは完全に楽天市場そのもので、本当に楽天市場で買い物する感覚で支払い手続きまで完了してしまうので、「納税」をしたという感覚が無い。
通販感覚であまりに簡単に納税出来てしまうため、最終的に税金の控除を受ける手続きを忘れてしまっている可能性が考えられる。

ふるさと納税でメリットを教授するためには確定申告が必要だし、会社員などを対象とした「ワンストップ特例」にしても、自治体との間で封書による書類のやり取りを行わなければならない。
単に納税だけして後の処理を怠ってしまうと、住民税が控除されないため、市場価格よりも割高な価格で商品を購入したのと同じになってしまう。

そもそもふるさと納税の恩恵を受けるには住民税を支払っている必要があるのに、専業主婦(夫)が自分名義のクレジットカードで手続きしてしまうと、税金控除のメリットを受けられない。

納税する個人が居住地のサービス低下を心配する必要はない

「ふるさと納税で支払先を替えると、居住地のサービスが低下するのでは・・・?」という余計な心配までしてしまう、良心的な住民というのも一部には存在する。
常日頃から、税金なんて1円も払いたくない、可能な限り社会システムにフリーライドしてやるぜ!、という意識で生きている不届き者な自分が恥ずかしくなる意識の高さである。

だが、住民税の特例部分に当たる控除額には、「住民税所得割額」の2割までという上限がある。
極端な話として、住民全員がフルに利用したとしても、減少するのは個人住民税の所得割の2割減程度にとどまる。
自治体の税収としては他に法人住民税もあるし、更に個人・法人ともに均等割部分もある。
そもそも、自治体の税収は「地方交付税」によって、国から赤字分が保障される。
多くの自治体においては、住民税の流出額の4分の3は交付税で補填されており、ふるさと納税が増えたからといって自治体の破綻や困窮を心配する必要はない。

とはいえ、税収減に繋がるのは確かなので、自治体はふるさと納税返礼品競争に参戦しているというのも事実である。
川崎市では、ふるさと納税による税収減を強調したポスターなどを作成し、2019年度に流出した63億円分の行政サービスは、保育園運営経費に換算すると園児3800人分、ゴミ収集処理なら36万世帯分に相当すると、住民に訴えかけを行っている。
同時に地元のサッカーチームである川崎フロンターレのユニフォームを返礼品にするなど、誘致活動にも力を入れている。

ボロ儲けしてるのはふるさと納税ポータルサイト

高額な返礼品競争によって浮き彫りになった通り、ふるさと納税は流入額が増えたからといって、自治体の丸儲けとはならない仕組みになっている
返礼品の調達費用や送料はもちろんのこと、税金ボッタクリで丸儲けしてるふるさと納税ポータルサイトの手数料がバカ高い。

コメント

タイトルとURLをコピーしました