クラウド&ネットワークの仕組みとAWSの基礎

クラウドとは

クラウドとは、いつどこでもインターネット回線を介してアクセス出来る環境のこと。
マイクロソフト社のOffice365や、ファイルのストレージサービス、音楽配信サービス、画像の保存サービス等が、クラウドサービスと分類出来る。
これらのサービスは、使用者はスマートフォンやパソコンから、インターネット越しに利用出来る。
従来は、自分の端末にインストールしたソフトウェアや保存したデータしか使用出来なかったが、クラウド環境であれば、インターネット上に置かれたソフトウェアや画像・音楽などのリソースを使えたり、ローカル環境に保存するようにクラウド上に保存したりする事が出来るようになった。
クラウド環境は、自分で作る事も出来るし、借りる事も出来るし、事業者が提供しているサービスを利用する方法もある。

インフラをまるごと借りる「クラウドコンピューティング」

クラウドの中でも、サーバーやネットワークなどのインフラ一式を貸してくれるサービスが、AWSやMicrosoftAzure、GoogleCloudPlatformなど。
クラウド上に用意されたインフラを利用するサービスや、利用することをクラウドコンピューティングという。
単にクラウドというと、このクラウドコンピューティングの事を一般的に指している。

クラウドコンピューティングでは、仮想化技術を用いて、いつでもどこでも好きなようにサーバーやインフラを作って運用出来る仕組みが構築されている。
実際に利用するときには、これらのサーバーやインフラをレンタルする事が主流になっている。
レンタルなら、ハードウェアやネットワークなど、物理的な設備を自身で保有する必要が無い。

AWSとは

AWS(AmazonWebServices)とは、クラウドコンピューティングサービスの名称。
クラウドコンピューティングサービスとは、サーバーやネットワークなどをインターネット経由で貸してくれるサービスであり、いつでもどこでも始める事が出来る。
インターネット通販で有名なAmazon.comが、自社のノウハウを活かす形で提供している。

AWSでは、コンピューティング、ストレージ、データベース、分析、ネットワーキング、モバイル、開発者用ツール、管理ツール、IoT、セキュリティ、エンタープライズアプリケーションなど、多岐にわたるサービスが用意されている。
提供されているサービスの総数は165種類以上。
AWSの様々なサービスを組み合わせれば、あらゆるアプリケーションやインフラを実現する事が出来る。
レンタルサーバーのように、「サーバーを貸してくれる」サービス自体は、Amazon以外にも無数の業者が昔から存在していた。
AWSが特徴的なのは、バラバラの事業者からそれぞれ借りなければならなかったインフラを、一括で借りられる事。
OSやWEBサーバー、DB(データベース)サーバーなどの必要なソフトウェアまで丸ごと手配出来る。

AWSのコスト

基本的には使った分だけ払う従量制であり、イニシャルコストが掛からない代わりに、ランニングコストが掛かるというのが特徴。
使うサービスによって細かい料金体系は異なり、「使うサービス1つあたりの金額+使った分」という従量制の課金体系が基本。
基本は従量制とはいえ、最低料金が存在する料金体系もあるし、借りたサービス1つあたりで料金が掛かる体系もあるので、注意が必要。
定額制のレンタルや、自社で用意した方が安い場合もあるので、予め料金を試算しておくことは必須となる。

料金試算ツール

単価はUSドル表記で表示されるが、クレジットカードにて日本円で支払う事が出来る。

また、AWSには豊富な無料枠が用意されているので、それをフル活用すればお試しで手軽にサービス利用する事も可能。

  • AmazonEC2仮想サーバー 月750時間12ヶ月間無料
    インスタンス使用量(稼働している時間×単価)+EBS料金(容量×単価)+通信量+その他オプション
  • AmazonS3ストレージ 5GB 12ヶ月間無料
    保存容量+転送量
  • AmazonRDSリレーショナルデータベース 月750時間 12ヶ月間無料
    ストレージ料金+DBインスタンス料金+バックアップストレージ料金+通信量

コメント

タイトルとURLをコピーしました