依存症 酒タバコ糖質薬物ネットスマホゲームギャンブルセックス買い物

[三年寝て太郎]の「1日5分」3週間で一生アルコールがやめられるトレーニング

「我慢」ではアルコールはやめられない

アルコールを我慢すると、ストレスが溜まってしまう。
ストレスが溜まると、「アルコールを飲んでストレス状態を解除しろ」と、本能が暴れ出してしまう。
どんなにアルコールをやめようと決心していたとしても、本能の要求に逆らうことは出来ない。

気合と根性だけでも、少しの間ならアルコールを我慢することは出来るかもしれない。
しかし、3日、1週間、1ヶ月、3ヶ月と我慢を重ねていくと、どこかで本能が暴れ出してしまう。
我慢して、我慢して、でも我慢出来なくなって飲んでしまって、こう思ってしまう。
「やっぱりアルコールをやめるのは難しいんだ」
やめるのは難しいと信じてしまったら、頑張ってやめようという気力は湧いてこなくなる。
そしてまた、飲み続ける日々に戻ってしまう。

ドーパミン

「気持ちがいい」という感情は、脳でドーパミンというホルモンが分泌される事で起こる現象。
脳内の報酬系と呼ばれる神経系が活性化し、額の奥にある前頭前野にドーパミンが流れるとき、人は「気持ちがいい」と感じるようにできている。
このドーパミンは「気持ちよくなるためにその行動がしたい」と、運動を促す働きがあるので、「やる気ホルモン」とも呼ばれている。

気持ちよくてやる気が出るドーパミンは、「生きる上で重要なこと」をしている時に、分泌される。
食、性、健康といった直接的なこと、家族や仲間との時間、それを守るために必要なお金や仕事に対しても分泌される。
脳の運動である抽象的な思考や趣味によっても、分泌される。
ドーパミンは、命を維持して繋げていくための行為や知的な活動に対して分泌され、それを「気持ちがいい」と感じる事が出来るようになっている。

アルコール依存症患者のドーパミン神経は破壊されている

様々な活動によって分泌されるドーパミンだが、アルコールを長時間摂取していると、ドーパミンを分泌させる神経が壊れてしまい、アルコール以外ではドーパミンが分泌しなくなってしまう。

アルコールを摂取すると、ドーパミンが大量に分泌される。
すると、脳は「アルコールで大量にドーパミンが分泌する」ことを覚える。
毎日、何日も何年もアルコールを飲み続けると、次第に脳は「もうドーパミンはアルコール摂取した時だけに出せばいい」「その他のことでドーパミン出すのは面倒だからやめる」とサボり出してしまう。

ドーパミンは本来「生きる上で重要な事に分泌される」ものなので、アルコールでしかドーパミンが出なくなった場合、アルコールだけが生きる上で重要な目的となってしまう。
そうなると、「アルコールのために生きている」「アルコールだけが喜び」という立派なアルコール依存症患者になってしまう。

必然的に今まで重要だったはずの食や健康、家族や仕事の重要度は下がってしまう。
ドーパミンが出なくなったものは大事だと感じられなくなる。
アルコールと併用する事でしか物事と関われなくなり、酔っ払いながら食べる、酔っ払いながら人と関わる、酔っ払いながら働く、というように生活全般がアルコールに支配され、健康や環境はどんどんと悪化していく。

アルコール依存症患者の人生は虚しいものとなっていく。
気持ちがいいこと、楽しいことが全てアルコールだけになってしまうので、飲む以外の時間は全て虚しく感じるようになっていく。
好きだったもの、楽しかったもの、今まで大切にしていたもの、それらに触れても、もはやドーパミンは出なくなってしまっているから。

ドーパミン神経はすぐに回復可能

アルコール依存症によってドーパミン神経は壊れてしまうが、実はドーパミン神経はすぐに回復する事も可能。
深刻な慢性アルコール障害であっても、脳の再生はたった1週間で爆発的に進む。
ニコチンの場合でも、ネズミを使った実験で、ドーパミン神経が禁煙後5日間で回復するというデータもある。
3週間もすれば、すっかり全快できる。

ストレス

しっかり3週間以上禁酒すれば、ドーパミン神経は回復してくれる。
しかし、長期間の禁酒に成功した人で、再び飲み始めて逆戻りとなってしまう人は多い。

再び飲み始めてしまう最大の理由は「ストレス」
仕事で上司にひどく怒られたり、パートナーと大喧嘩したり、急に起きたトラブルによって怒りや不安・悲しみといった感情とともに起きる「突発的なストレス」によって、衝動的にアルコールを求めてしまう。
解決しない不安や悩みを抱えながら生きていく事により、日常的に感じ続ける「慢性的なストレス」が溜まっていき、何かにきっかけで「もう飲んじゃおうかな」とアルコールに手を出してしまう。

「我慢してやめる」はストレスの再生産

突発的なストレスにせよ、慢性的なストレスにせよ、アルコールを再び飲んでしまうのは、結局はストレスが原因となる。
「アルコールを我慢してやめる」という方法は、それ自体がストレスの発生原因となってしまうため、やめればやめるほど、ストレスは高まってしまう。
溜まっていくストレスを一生抱え続けることは難しく、「我慢」のストレスはいずれどこかで爆発し、本能が「アルコールでドーパミンを出せ」と暴れ出してしまう。

我慢してアルコールをやめていても、「アルコールは重要なもの」「我慢しているだけでアルコールそのものは大好き」という意識が残り続けてしまう。
例え長期間我慢出来ていたとしても、楽しくなりたい時、助けてもらいたいと思う時には、アルコールが頭に思い浮かんでしまう。
アルコールを我慢して止めてはいるけれども、アルコールの事はずっと好きなままでは、きっかけさえあれば再びアルコールに手を出してしまうことになる。

楽しいものが移る、楽しいものが変わるという発想

幼い頃熱中していた遊び、たとえば積み木遊びを大人になってもずっと続けている人は極めてまれである。
大半の人々は、途中でもっと面白いおもちゃに乗り換えていく。
積み木から他のおもちゃに乗り換えるときに、我慢して積み木をやめなくちゃと決心してやめた人はいない。
自然に他に楽しいことができて、自然と積み木をやろうとは思わなくなる。
積み木への熱中も、ドーパミンの分泌によるもの。
しかし、他のおもちゃでもドーパミンが分泌されるようになれば、積み木への興味は無くなっていく。

アルコールに熱中している人も同じで、自然にアルコール以外のことに熱中出来れば、その人は時間とともにアルコールに興味がなくなっていく。
そうすることが出来れば、我慢することなく、もっと楽しいことを選ぶ、好きなものに熱中していくだけで、禁酒する事が出来るようになる。

アルコール以外のものが好きになるまで、ドーパミン神経が回復する3週間が肝となる。
その3週間の間で、他に興味が移りやすくなるような土台を作っておけば、アルコールへの興味を自然に消滅させていく事が出来る。

アルコールを楽しくやめるために必要なこと

  • アルコールへの欲求を低下させる
  • ドーパミン神経を回復させる(一般的に3週間ほどの期間が必要とされる)
  • アルコール以外の新しいドーパミン経路を作る
  • 突発的なアルコールへの欲求に対処する
  • アルコールへの価値観を変える

ファイト・オア・フライト 闘争か逃走

不安、恐怖、怒り、悲しみ等の激しい感情が起こっているとき、衝動的にアルコールを求めてしまう。
これが、人間の脳が生命の危険を感じた時に発動する「ファイト・オア・フライト」
「動物として本能のまま戦う」のか、「動物としての本能のまま逃げる」のか、そのどちらかを選択させるプログラム。
ファイト・オア・フライトが発動すると、強く戦えるように、速く逃げられるように、怒りや恐怖の感情が湧き上がってくる。
そして、闘争か逃走以外を考えないように、思考能力も低下してしまう。

ファイト・オア・フライトは、原始時代に獣から命を守るためには非常に役立ったプログラムだったが、現代社会においては誤作動を頻発してしまう。
上司に怒られた、他人と意見が合わない、といった命の危機でおない場面で、ファイト・オア・フライトが発動してしまう。
頭を使って解決すればいい場面でも、勝手に思考能力を低下させ、怒りの感情と恐れの感情を抱かせ、「殴るか逃げるかして解決しよう」と、身体を戦闘モードにしてしまう。
直接的に危険がないこと、例えばテレビで不安を煽られたりすることでも、状況によってはファイト・オア・フライトが発動してしまう。

現代社会においては、ファイト・オア・フライトが発動したとしても、当然ながら物理的に殴ったり、走って逃げたりするわけにはいかない場面が大半である。
ファイト・オア・フライトが発動しているにも関わらず、殴る事も逃げる事も叶わず、結局問題が解決出来ないままだと、身体はずっと戦闘モードに入ったままで、ストレスだけが溜まっていく。
いつまでたっても思考能力が低下したままとなり、怒りや恐れ、不安の感情が増幅していってしまう。

ファイト・オア・フライトで緊張状態が続くと、脳は緊張緩和のためにドーパミンを要求する。
アルコールでしかドーパミンを分泌出来ない人は、アルコールが飲みたくて飲みたくて堪らなくなってしまう。
激しい怒りや不安の感情が渦巻き、思考能力が低下している状態において、本能がアルコールを求めてしまう。
こうなってしまえば、意志の力でアルコールを我慢し続ける事は困難となり、つい飲んでしまう事になる。

ファイト・オア・フライトによるストレスホルモンを消すには、戦うか逃げるかが必要となるのだが、それに似た動作としてフィットネスやマラソンといった運動を行えば、脳が勘違いしてくれてファイト・オア・フライトを解除してくれる。
フィットネスやマラソン、更には格闘技を趣味とする人が多いのは、このようにストレス解消にも繋がるから、とも考えられる。

運動が苦手なら、リラックスによるスイッチオフによってもストレスホルモンを消す事が出来る。
脳にドーパミンを分泌させ、抽象的な思考をする事でリラックスする事が大事となる。
好きな食べ物、温かい飲み物、入浴、ゆったりした服装などで快適な空間を整える。
お笑いなどの楽しい動画を見て笑う、好きな音楽を聴きながら手や体でリズムを取る、好きな俳優の映画やドラマを見て泣いたりする、好きな趣味に没頭する。
こうしてリラックスする事によっても、ファイト・オア・フライトのスイッチをオフにする事が出来る。

「1000時間あればプロになれる」を意識する

勉強でも趣味でも、何か新しい事を始めた際、プロの入り口レベルまで到達するには1000時間の学習が必要と言われている。
1000時間というと途方も無いくらい長い時間のように思えるが、毎日3時間×365日で1000時間に到達する。
毎日アルコールを摂取している人ならば、1日3時間、年間で1000時間ぐらいは酔っ払っている。
今まで酔っ払っていた時間を無くして、新たに興味のある事に熱中する事が出来れば、毎年1つのことをプロ並みに習得する事も不可能ではない。
アルコールをやめて、他の楽しいことに熱中するだけで、その楽しいことが社会の役に立ったり、仕事になったりする可能性もある。

砂糖・糖分依存症

砂糖にも、アルコールと同様の依存症が認められている。
アルコールや薬物依存と同様に、摂取の増大(もっと欲しくなる)が認められ、摂取を停止すれば離脱症状が起き、やがて砂糖を渇望するようになる。

但し、砂糖にはアルコールやドラッグほどドーパミンを暴走させる働きはない。
ただ、大量にドーパミンが出るし、暴走させる作用があることには違いない。

砂糖の場合、オピオイド受容体に作用して、ドーパミンを暴走させる。
オピオイドは苦痛を和らげる快楽物質で、鎮痛効果もあるため、モルヒネというオピオイド系の化合物は手術などにも用いられる。
オピオイド系鎮痛薬といえば、アメリカでは処方された鎮痛薬を乱用して薬物中毒に陥った数が1000万人を越え、数万人規模での死者を出したことから、社会問題にもなっている。
砂糖は、モルヒネと同じ仕組みで、脳のβエンドルフィン受容体を活発化させる作用がある。

血糖値の上昇も、砂糖依存症を招くもうひとつの特徴。
空腹時に砂糖を摂取すると、血糖値は急上昇する。
すると、膵臓からインスリンが一気に分泌され、血糖値が急低下、一転して低血糖状態になってしまう。
低血糖になると、今度は脳が「エネルギーが足りない!空腹だ!」と判断し、「糖分を摂取しろ!血糖値を上げろ!」と命令してしまう。
砂糖は血糖値を乱高下させる作用があるため、空腹かどうかに関係なく、繰り返し砂糖を求めてしまうことになり、依存症となってしまう。

依存症

依存症において、「少しだから大丈夫」は間違い。
精神医学的には、それぞれの依存症ごとに細かく「診断基準」や「テスト」といったものが存在している。
それらの診断基準は、医学的に曖昧さを排除するために、かなり細かく定められている。
全員を治療するわけにもいかないため、「線引き」せざるを得ないという必要性に迫られて、結果的にかなり細かくなっているという事情がある。
下手に診断テストを受けた結果、「ギリギリ大丈夫!」と思ってしまい、どんどん深みにハマっていってしまう可能性もある。

そもそも、依存症は「否認の病」とも言われており、基本的に依存症の人間というのは、自分が依存症である事を認めたがらない。
診断基準なんてものは目安に過ぎず、依存症という病は気づかないうちにどんどん重くなっていく。

依存症と食虫植物は一緒

アラン・カーは言った、依存症と食虫植物は一緒である、と。

どんな依存対象も、快感によって人々を魅了する。
これは食虫植物の蜜に魅了され、惹きつけられる虫と一緒。

依存対象によって齎される快感には慣れがくるため、どんどん量が増えていく。
食虫植物に惹きつけれれた虫も、食虫植物のフチから少しずつ中心に近づいていく。

途中でマズイと思う人もいるが、一度始めるとやめられない。
虫だって、消化液を目の前にして命の危機を感じたとしても、魅惑的な蜜の魅力には抗えない。

ダメージも蓄積され、社会的な支障も出てきた上、最終的にはまともに社会生活を送れなくなったり、死んでしまう事にもなってしまう。
食虫植物の消化液に落ちて、溶けるのを待つ虫と同じように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました