男のためのヘアブラシ

ヘアブラシは髪型をセットするだけのアイテムではない

ヘアブラシは、髪の長い女性が髪型をセットするために使うもので、短髪の男性には必要ない、という誤解をしている男性が多くいる。
ヘアブラシを使ったブラッシングによる頭皮への適度な刺激には、マッサージ効果があり、血行促進による薄毛予防や育毛促進、更には顔のリフトアップにまで繋がる効果がある。
ハゲ頭のおじさんがヘアブラシで頭をトントンしてるのを嘲笑してる場合ではなく、出来るだけ早期に禿げてしまう前からヘアブラシを使う習慣を身に着けた方が良い。

出来るだけ毎日・朝晩行いたい

いつやればいいのかといえば、毎日するべきだし、出来る限り朝晩にブラッシングを行いたい。
朝、髪型のセットも兼ねて使い、夜の入浴前にも使う。
シャンプー前にブラッシングすると、頭皮や髪の毛に付着した汚れを浮き上がらせ、整髪料や皮脂などの洗い残しを防いでくれる効果がある。

何より、ブラッシングは決して苦行ではなく、そもそもブラッシングによる頭皮への適度な刺激は気分転換にも効果的で、気持ちの良いもの。
リフレッシュしたいなと思ったタイミングで使っても良い。

ブラッシングの効果

ブラッシングとは、ブラシを使って髪を梳かすこと。
髪の汚れやホコリ、抜け毛などを取り除き、頭皮の血行を促進し、育毛効果なども期待出来る。

髪の汚れやホコリはシャンプーでは落としきれない。
毎日髪を触ったり外気に触れるだけでも目に見えない汚れが大量に付着している。
また、抜け毛も1日に100本以上は抜けるとされている。
禿げというのは、髪が抜けるせいというよりも、新しく生えてくる髪の毛を育てる環境が整っていない事が原因となっている事が多い。
ブラッシングで、きちんと汚れや抜け毛を取り除き、清潔な頭皮環境を作る事は非常に重要となってくる。
ブラシのピン(先)が頭皮を刺激する事により、マッサージ効果が得られ、血行を促進してくれる。
無理に頭皮に押し当てる必要は無い。

頭皮は乾燥を防ぐために皮脂を分泌しているが、放っておくと根本から中間までにしか行き渡らない。
根本から毛先に向かってブラッシングを行う事により、皮脂が毛先にまで行き渡り、潤ってツヤをもたらしてくれる。

ブラッシングの手順

1.毛先からブラッシング

まず毛先から優しくブラシを通していく。
根元から通そうとすると、絡まったり引っ掛かったりしやすい。
引っ掛かってしまうと、枝毛が出来たり、ダメージの原因となったりするため、注意が必要。

2.オールバックに梳かす

毛先を通し終えたら、オールバックに梳かす。
全ての髪にブラシを通すイメージで、根元から毛先に向かってブラッシングを行う。

3.襟足から生え際に向かって梳かす

オールバックでは梳かしきれなかった襟足付近から、フロントに向かってブラッシングを行う。
顔を傾けたり、下を向いたりしながら梳かしていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました