競輪

競輪とは

全国の競輪場のどこかで毎日開催されている。
競輪場はバンクのある週回コースとなっており、1周が333m・400m・500mの3種類となっている。
333mなら6周、400mなら5周、500mなら4周が基本となり、約2,000mを走る。
この2,000mという距離設定が絶妙で、人間が自転車を使って全力で走り切るのが不可能な距離となっており、色々な駆け引きや作戦が必要とされる。

レースがスタートすると、先頭誘導員が風よけになって周回のペースを作り、その後ろを選手たちが一本の棒のようになって連なり、ゆっくりとレースが進んでいく。
その間、選手たちはそれぞれマークする選手や仲間になりえる選手、自分のコンディションや脚質を考えて位置取りを取っていく。
やがて各選手の思惑や人間関係によって「ライン」と呼ばれるチームが形成されていく。
原則として各選手は自分が勝つ事を最優先にレースを進める事が義務付けられている(そうでないと八百長になる)ため、ラインというのはあくまでも仮の仲間とされている。

残り2周になると先頭誘導員が抜けて、レースが動きだし、残り1周半になるとジャン(内鐘)が鳴っていよいよ競争が本格化していく。
選手たちはラインを軸として、より有利な展開を作る事を狙って激しく競り合い、仕掛けのチャンスを狙いながらゴールを目指していく。
ゴール前では全力でペダルを踏み、時速70kmに及ぶスピードでゴールラインを駆け抜けていく。
最後はタイヤ差(数センチ)の決着になる事も珍しくない、白熱したレースが展開される。

選手のランクや成績によって出場するレースが決まり、自分のレーサー(自転車)を持参して各競輪場に参戦する。
競輪で使用する競走用自転車である「レーサー」は、7,8kgと一般の自転車の約半分の重量で、変速機もブレーキも付いていない。
選手たちは自身で「レーサー」をチューニングし、分解・組み立てを繰り返しながら全国の競輪場を転戦している。

毎年12月末に行われる賞金1億円のビッグレース「KEIRINグランプリ」を最終目標として、出場権を得るために日々のレースに勝ってグレードやクラスを上げる事を目指している。

競走得点は強さの偏差値

予想する上でまず目に付くのが「競走得点」
単純に点数が高い選手ほど強い。
一般的に10点以上の点差があると逆転が難しく、逆に5点差以内であれば僅差、とされている。

各レース毎に着順に応じた得点が決めれれており、上位グレードのレースほど高得点となっている。
そして、出走表には「直近4ヶ月の獲得点数の平均値」が記載されている。
基本的に信頼度の高い指標ではあるが、絶対では無いので、勝率や2連対率・3連対率という指標も合わせて確認するようにしたい。

競輪選手は実力に応じたランク区分があり、S級S班からA級3班まで区分されている。
S級になれば、G1やG2のグレードの高いレースに参加出来るようになり、より多くの競走得点・賞金を稼ぐ事が出来るようになる。
各グレードでは年に2回競走得点に基づいた入れ替えが行われている。
更に競走得点が低すぎる選手をクビにする「代謝制度」というものがあり、競走得点があまりにも低すぎると選手登録を抹消されてしまう。
だから、選手たちは本気で競走得点を稼ぎにいっている。
ラインというチームプレーは許されているが、選手には「敢闘の義務」があり、「怠慢競争」は許されておらず、チームのためにわざと負ける事は許されていない。
建前の上では、あくまでも自分が勝つための戦略としてチームプレーが許されている形になっている。
だから競走得点が低い選手も勝ちには行ってるし、クビが掛かった選手が必死で大駆けすれば波乱の高配当となる可能性もある。

この競走得点に加えてラインを読んでいけば、どんどん予想の精度は上がっていく。

  • 「競走得点は高いけど、このレースでは孤独なので着外になりそう」
  • 「競走得点は若干低いけど、強い人のラインに付いていけるから着は拾えそう」
  • 「強い選手のラインだけど、あまりにも競走得点低すぎるから今回は無さそう」

内外の有利不利は特に無し

車番毎の勝率連対率データを取ると、明らかに1番の成績が良好で、468番の成績がダントツに悪い。

ただ、これは単に出走表のプログラムの組み方の癖で、1番に有力選手を配置し、468番に競走得点の低い選手を配置する事が多いというだけ。

そして、この出走表の癖というのは、ただ単に競走得点を確認すれば済むだけの話である。

468ヨーロッパ車券という言葉もあるが、単に競走得点の低い人気薄の選手が絡むと高配当になるという当たり前の現象であると理解しておけばいい。

競馬に例えると「少頭数」「逃げ禁止」「スローペース」「2周コース」「上がり勝負」

最大出走数9人、前半は必ず誘導員がトップを走る。

もし競馬でこんな条件が適用されれば、伏兵馬が台頭する余地は大幅に減少し、ほとんどのレースで一番強い一番人気馬が勝つようになるだろう。

競輪というのは、実力ある選手・チームがきちんと実力を発揮しやすい条件が整えられており、競馬ほどには紛れが生じにくい。

ただ、人間のトップ選手同士のガチンコ勝負だからこそ、競走馬ほど個体の実力差は存在しない。

プロ野球の最下位チームでも、勝率4割60勝はしている。

他ギャンブルとの比較

競馬は地方競馬と中央競馬に分かれて興行が行われており、特に中央競馬は地上波テレビで放送され、有名俳優が出演するテレビCMもバンバン流されている超メジャーギャンブル。
ABEMAがワールドカップ放映権を獲得する原資となった爆売れコンテンツのウマ娘も中央競馬がモデルだ。

そんな初心者が最も多く参加する中央競馬だが、実は公営ギャンブルの中で一番難しい。
最大18頭という出走頭数の中から、「馬」という生き物が走るという不確実性も加わるため、いくらでも不測の事態が起こりうる。
最も売上規模が大きく、不確実性も高く、高配当。
初心者も多いが、億単位で稼ぐプロも存在し、博士号持ったAIのプロや外国人も参戦している魑魅魍魎の世界。
ガチで億り人目指すなら、10万100万円単位の元手を用意して、勉強を重ねて最終的には中央競馬に参戦する必要がある。
地方競馬は、人気も難易度も中央競馬の下位互換のような存在となっている。
ただ、地方競馬の場合、楽天競馬を利用すれば、楽天ポイントのバックが大きい。

公営ギャンブルで最も的中率が高いのは、競艇。
出走数が全レースで6艘に統一されており、単純に確率の面で的中しやすい。
さらに内枠が絶対的に有利となっており、基本的に1号艇の勝率がダントツで高い。
ただ的中が簡単な分、払戻金は最も安い。

オートレースは最もマイナーな公営ギャンブル。
露骨なハンデ戦で実施され、かなり癖が強い。
素人では予想が難しい。

競輪は、大体7人から9人ぐらいの選手でレースが施行される。
ラインという暗黙のチームプレーが許されている事が最大の特徴で、チームの強さを予想するような一面がある。
ラインは認められているが故に、予めきちんと公言されており、初心者でもきちんとラインを把握した上で予想を組み立てる事が出来る。
競馬より的中は簡単で、競艇よりは配当が跳ねる、そんな丁度いい感じの立ち位置。

賭式

競輪には単複馬券に値するものは無く、ワイド・2枠複・2枠単・2車複・2車単・3連複・3連単の計7種類。
競馬と比べれば多少配当は安いといえるが、元返しとなるのはワイドの圧倒的1番人気の組み合わせぐらいなもので、ワイドの平均配当は600円超と意外とワイドでも簡単に2倍以上の配当は狙える。
中途半端にガチガチの2連車券を買うよりかは、人気選手+不人気選手の組み合わせでワイドを狙った方が良い。
また、三連単でも3着だけ人気薄でも十分にオッズは跳ねるので、ガチガチ2選手から総流しするだけでも美味しいオッズは狙える。
人気+穴の組み合わせが期待値高いのは、競馬とも共通している。

コメント

タイトルとURLをコピーしました