せどり

モノサーチPRO

せどり転売に特化した利益重視のプロ仕様ツール、chromeの拡張機能として提供されている。
モノサーチを導入すると、画面下にドッグと呼ばれるツールバーが表示される。
普段、せどりと関係ないネットサーフィン時にはかなり邪魔になるので、ドッグの「CLOSE」ボタンをクリックして画面右下に最小化表示しておくといい。

Amazonの商品ページドッグ

Amazon上で商品を検索すると、リサーチに便利な「グラフ」と「表」を自動表示してくれる。
「商品の売れ行き・ランキング」「仕入先との価格比較」「利益が出るかどうか」を検索結果に表示することで、必要な情報を一目で確認出来るようになっている。
同じchrome拡張機能である「Keepa」と連携させたグラフを表示させる事も可能。

モノサーチにはWeb版もあり、商品名を検索すると新品の在庫状況とそのショップの最低販売価格・中古の在庫状況と、そのショップの最低販売価格をチェックする事が出来る。
Web版とchrome拡張機能版は連携しているので、Amazonサイト上の商品ページ上で、モノサーチWebの情報も閲覧する事出来る。
どのショップで購入すれば一番安く仕入れる事が出来るのかがすぐに分かるし、サイト名をクリックするとそのショップページにすぐに遷移してすぐに仕入れる事が可能。

モノサーチドッグの機能

画面下に表示されるツールバー

商品名(キーワード)の自動取得

Amazonの商品ページを表示すると、モノサーチが商品名を自動で取得して、ドッグに表示される。
この取得した商品名は、他のサイトでキーワード検索をするときに使う事が出来る。
取得した商品名を変更したい場合は「キーワード編集」をクリックすれば、変更する事が出来る。
ASINコードやEANコードに対応していないサイトでは商品名でテキスト検索する場合が多いので、このキーワードは大事になってくる。

商品ウォッチ PRO版限定機能

気になる商品をモノサーチに登録して管理する事が出来る。
商品ウォッチに登録した商品は、モノサーチがAmazonの価格と比較し、24時間自動でリサーチを行う。

出品者ウォッチ PRO版限定機能

他の出品者の毎日の入荷・出荷の情報を追跡してくれる機能。
利益を上げている出品者が、「どんな商品を販売しているのか」「どんなタイミングで仕入れているのか」「どの商品がよく売れているのか」などをチェックする事が出来る。

出品者ウォッチは、各Amazonの商品ページ上で、ドッグの右下「出品者WATCH」ボタンをクリックすれば表示出来る。

残念ながら追跡出来る出品者は、日本の取扱商品数が4,000個以下の出品者に限られる。
とはいっても、実際に真似するターゲットにする対象としては、これいぐらいの出品者が最適と思われる。
一万点以上出品しているような出品者は、プロの業者であり、個人単位のせどりで真似するには無理があると思われる。

普通にAmazonの価格画面から出品者一覧ページを表示すれば、「出品者☆」マークが表示されるようになるので、それをクリックすれば「出品者ウォッチ」に登録されて、入荷・出荷情報が自動的に記録されるようになる。

出品者ウォッチページに直接「出品者ID」を入力する形でも、「出品者ウォッチ」登録することは可能。

「出品者ウォッチ」画面からは、表示される情報を「入荷日(1日間)」「入荷日(10日間)」「出荷日(1日間)」「出荷日(10日間)」「取扱商品」に切り替える事が出来る。

出品者サーチ PRO版限定機能

キーワードや地名を指定して、出品者を探す事が出来る。
ライバルの動向をチェックしつつ、仕入の参考にする事が出来る。

こんな商品も出品しています機能

Amazonの商品ページにて、該当の商品を出品している人が「他にどんな商品を出品しているか」を表示してくれる機能。

他の出品者だけが知っていた「同じジャンルのプレミア商品」を発見出来たり、「敢えて他の出品者が違うカテゴリーに出品している商品」を見つける事が出来たりする。

通常の商品検索では見えない部分に気づく事が多い機能。
一覧表示してくれる機能なので、気軽に幅広く、素早くリサーチする事が出来る。
リサーチの初期段階に使える機能。

モノサーチPRO版をインストールした状態で、Amazonの商品ページを閲覧すれば、右下に「この商品を出品している人はこんな商品も出品しています」という画面が表示される。
その画面をマウスオーバーすれば、大きく広がって表示されるので、そこから更に「簡易一覧」表示から「詳細」表示に切り替える。
更にソート機能もあるので、「発売日が新しい順」などにソートして検索すると効果的に検索出来る。

その中から良い商品を探し、更にその商品ページから「この商品を出品している人はこんな商品も出品しています」画面を参照していくことで、芋づる式に商品リサーチをしていく事が可能となる。

この機能で幅広くリサーチを進めていきながら、気になる出品者は「出品者ウォッチ」にどんどん登録していく。
「出品者ウォッチ」に登録しておけば、他の出品者の入荷・出荷情報を自動で追跡して、ライバルの情報を丸裸にしてしまう事が可能となる。

Amazon アカウント停止の復活・予防サービス SellerSket

Amazon提供ツール認定:Amazonが要求しているセキュリティコンプライアンス審査と公式アプリストア審査を合格して、Amazon公式アプリストアに掲載されているツール。

アカウント停止の予防+仕入ツール+価格改定ツール

セラースケットは「独自の仕組みを用いて、Amazon出品者の販売からアカウントヘルスまでサポートするサービス。

強固な経営体制による長期経営と信用度向上
アカウントスペシャリストを統括するセラー事業本部長を歴任した星氏が社外取締役

日本唯一のリスクヘッジサービス
Amazonの意見と出品者の意見を加味し、Win-Winの関係を構築するツール

スタンダードコース 月2,480円 20日間無料体験あり

  • 情報掲示板閲覧
  • アカウント停止リスク検知機能
  • 資産管理機能
  • FBA在庫自動検出機能
  • 学びの部屋閲覧
  • 情報提供によるポイント付与
  • 不正商品検出機能
  • 価格改定(+月500円)

プレミアコース 月4,980円 20日間無料体験あり

  • スタンダードコースの機能すべて
  • 適宜アカウント相談サービス
  • アカウント停止・閉鎖時のサポートサービス
  • カンファレンス
  • 価格改定(+月500円)

アカウント停止サービス

アカウント停止に繋がる危険な商品が仕入れる前に分かる

セラースケットは1万を超える情報の分析と更新を常に行っており、Amazon商品ページ上でリスク商品を5段階に分けて表示している。

  • 危険度A:アカウント停止の可能性大:出品取り下げ推奨
  • 危険度B:アカウント停止の可能性中:出品取り下げ推奨(開設15ヶ月以上アカウントならリスク減、自己判断)
  • 危険度C:請求書通知の可能性あり:出品取り下げ推奨(開設15ヶ月以上アカウントならリスク減、自己判断)
  • 危険度D:商品ページ削除の可能性あり:出品自己判断、開設15ヶ月以上アカウントなら出品許容
  • リスク低:出品しても何ら問題無し

2021年3月現在:危険ブランドは5,259件、危険ASINは7,992件

メーカー取り締まりや真贋調査の速報通知

  • 最新の真贋についての商品情報
  • 最新の知的財産権についての情報
  • 最新のメーカー取り締まり情報
  • 最新のアカウントヘルスに関する情報

最新の取り締まり情報や考察を知る事により、次回以降の仕入れ時にAmazon規約に違反する事のない商品に絞って仕入れを敢行する事が出来る。

アカウントヘルスに特化した情報掲示板

真贋調査の突破事例、メーカー取り締まり事例、アカウントスペシャリストの裏側など、セラースケットでしか得る事の出来ない情報が共有されている。
掲示板は情報収集能力の高い専属ライターが担当しており、初心者でも分かりやすい内容となっている。

会員からは直接投稿出来ず、会員が情報提供を行い、それを専属ライターが咀嚼して考察し、防止策や予想キーワード等を加えた上で投稿される。
提供した情報が審査を通り、役立つ情報として認定された場合にはポイントが付与される。
審査基準は、信ぴょう性を重視。
獲得したポイントは、マイページから交換申請を行う事により、現金換金など様々な特典と交換出来る。

提供する情報は、アカウントスペシャリストからのお知らせ情報など、アカウントに関する情報。
周囲の噂話だとしても、ちゃんと裏付けが取れる情報なら買い取ってくれる。

真贋調査から実際のアカウント停止事例まで全て公開されており、関連商品やメーカー名を把握しておく事によって、アカウント停止リスクを下げる事が可能となる。

2021年3月時点:情報提供590件超、ポイント換金総額103万円超(第一位:26万円)

アカウント復活サポート

  1. サポート依頼
    セラースケットから、出品形態・サスペンド内容などをヒアリング
  2. 改善文の作成
    セラースケットが提供するデータを参考に、改善文を作成する。
  3. 改善文の添削
    セラースケットのサスペンドサポートチームがアカウント再開へと近づけるために添削を実施
  4. アカウントスペシャリストへ提出
    出品形態・サスペンド内容などのヒアリング
  5. アカウント再開

2021年3月時点:サポート総数:112件、再開確率:97.3%、閉鎖から復活:9件、復活不可:3件、対応中:1件

価格改定機能(月500円プラスで利用可能)

Amazonから自動で情報を取得して、選んだパターンに合わせて24時間365日休まずに自動価格変更される。
購入者にサンクスメールを自動送信する機能や納品プランの作成、在庫内の危険商品検知機能も実装。

リサーチツール「ワカルンダ」

ワカルンダは、アカウント停止に繋がるリスクの高い商品を検知するセラースケットの独自chrome拡張機能。
セラースケットに集積されている過去のAmazon出品者アカウントが停止した事例、商標権の申し立てがあった事例、真贋の疑いがあった事例、その他Amazon規約違反があった事例をAmazonページ上でお知らせ。
リスク商品検知のみならず、利益計算や商品登録までフルサポート。
為替レートにも対応しており、輸入品の利益計算まで効率的に出来る。
一括商品登録、一括CSVデータ出力機能も実装。

仕入れる前にAmazonアカウント停止のリスクがある商品を見極められる事が可能となり、さらなる健全化を図る事が出来る。

仕入れる前に危険を察知することで処分による赤字リスクが一切無くなり、財務的にも非常に有効な手段となる。

セラースケットはAmazon本社へASINブランド毎にリスク管理することを正式に伝えており、協力してサービス向上を図っている。
高いセキュリティ、独自のスキームが認められ、Amazon MWS-APIで高速データ取得も実現している。

「売れ筋×競合数×将来予想」で売れる確率を算出しており、売り切り確率として「10日以内○○%」「20日以内○○%」「30日以内○○%」といった具合に表示している。

chrome拡張機能「Keepa」活用

chrome拡張機能として無料で利用出来るKeepa

価格推移のグラフ

拡張機能インストール後、Amazonの個別商品ページを閲覧すると、価格推移のグラフが表示されるようになる。
グラフには、「Amazon販売価格」「新品販売価格」「中古販売価格」という3種類の線が表示されており、それぞれの価格推移が確認出来る。
現在の価格が相場より高いのか安いのか判断がつくようになる。

トラッキング機能とAmazon刈り取り

Keepaには優れたトラッキング機能が備わっており、各商品に対して目標金額を設定すると、その金額を下回ったときに、メールやSNSで通知を受け取る事が出来る。
この機能をフル活用すれば、安値で出品された商品を即座に刈り取って転売する事も可能になる。

有料版

Keepaの有料版は月額15ユーロ、日本円で2000円程度で利用可能。
有料版にアップグレードすると、売れ筋ランキングの推移やカートボックス価格の推移、ライバル出品者の増減の推移が確認出来る。
つまり、どの商品がどれだけの数売れているのか、ライバルに勝てるのかを計算する事が出来るようになる。

また、Keepaウェブページ上のDataカラムをフル活用する事が出来る。
この「Data」カラムの「Product Finder」を使いこなせば、Amazonに登録されているほぼ全てのデータを検索して出力する事が可能となる。

Keepaのグラフはプライスターのアプリでも利用する事が可能。

Keepa有料版とモノサーチProのchrome拡張機能を組み合わせると、Amazoのページから売れ筋商品を瞬時に判別して、即仕入れる事が可能に。

Keepaのデータ閲覧方法

「Product Finder」「Product Viewer」「Best Seller Lists」「Top Seller List」「Category Tree」の5種類。

「Product Finder」は、条件を設定してKeepaのデータベースで一致するものだけを表示してくれる機能。

「Product Viewer」は、ASINやUPC・EANを貼り付けることで該当の商品を検索する機能。
Amazon出品大学やその他ASINが大量抽出出来るツールと併用して、大量の商品を一括検索するのに活用出来る。

「Best Seller Lists」では、売れている商品をカテゴリ別に表示する事が可能。

「Top Seller List」では、トップセラーをランキング形式で確認出来る。

「Category Tree」では、カテゴリーツリーを確認出来る。

Product Finder

有料版でないと、まともに利用は出来ないので、使うなら有料登録必須。

KeepaではAmazonに登録されているデータのほぼ全てを閲覧する事が出来る。
それらのデータを全て出力して利用する事が可能。
「Configure Columns」をクリックして出力したい項目にチェックを入れる。
全部にチェックを入れた状態で出力する事も可能。

売れ筋ランキング

例えば、10,001位から50,000位を指定すると、Amazon出品大学で掲載されている1万位以内の商材を避けて売れるお宝商材を探せる。

売れ筋ランキング内の「90 days drop %」 ランキング下降回数

「From 10 to 30」と指定すると、90日間の平均ランキングが10%~30%の範囲で減少した商品に絞り込める。
ちゃんと直近で商品が売れてランキングが変動している商材に絞り込める。

Out of stock

Amazon販売商品を除外して抽出出来る超重要チェックボックス

新品価格・中古価格

最低限の価格幅を取るためには、1,000円以上を指定。
新品せどりなら、中古価格はそこまで気にしなくてもいい。

価格欄の「90 days drop %」

90日間平均の価格減少幅を指定出来る。

マイナスで指定すると、価格が急上昇したせどり狙い目商材を見つける事が出来る。
「From -10 to -99」というように絞り込むといい。

プレミア価格となっている価格急上昇商品を見つけて、楽天やヤフショで定価のまま在庫が残ってる商品を見つけられると、とっても美味しい。

新品アイテム数

出品者がオンリーワンだと、独自商品の可能性がある。
商標権侵害を避けるためには、2個以上を指定しておきたい。

FBA数

特にFBA販売を意識するなら、10人以下を指定しておきたい。
FBA出品者数が多すぎると、過当競争で供給過多なので、キツイ。

商品タイプ

「バリエーションなし」を指定しておけば、ややこしい商材を回避出来る。

Amazon out of stock percentage

90日以内のAmazon不在率。
Amazon復活が怖いので、ちゃんと値は設定しておきたい。
50%以上ぐらいが目安。

Package Dimensions(寸法)

縦45cm以下×横35cm以下×高さ20cm以下、「Package」の「Weight」を9000以下に設定すれば、大型商品を除外出来る。
FBAの商品区分設定として、公式に記載されているサイズ。
配送代嵩むし、梱包とか難しくて労力要する、めんどくさい商材である大型商品を回避出来る。

Seller

特定のセラーIDを指定。
真似したいロールモデルとなるセラーが居るのであれば、狙いたい。

Root category

商品カテゴリーの指定。

コメント

タイトルとURLをコピーしました